一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 イカの開き一夜干しは、なかなかいい仕事をしてくれますね。

きっと余分な水分がいい塩梅に抜けて、
うま味がぎゅっと凝縮されるからなんでしょう。

120417_1908~01.jpg

オリーブオイルで炒めて、
最後にバター少々、醤油をジャッと♪
そして
庭のイタリアンパセリとチャイヴを。

食べる直前にレモンをぎゅ〜っと絞ってね。


ハーブたちの瑞々しくて柔らかなこと!!
ハーブ好きにはたまらん季節がやってきましたよ。





















レッドキャベツ。

やっぱりお酢との相性がいいから、マリネを作ってみました。



地味な熟女っぽい紫色の葉も、
120324_1101~01.jpg



オスと、いえ、お酢と合体すれば
あら〜ん・・
こんなに色っぽくなりましたわ!!


120324_1608~01.jpg

他から違ったエネルギーが加われば、
本来持った魅力とはまた違った部分が輝き始めるって素敵☆

ケミストリーってワクワクするね。


チキンのグリルの付け合せにするつもり。

食べごろはもう少し先のようです。



 カタクチイワシの干したもの、いりこは、

無添加のものは酸化が早いので、冷蔵庫保存するけれど、
この冷蔵庫保存ってのがまたクセモノで。

目につきにくい所にあると、すっかり忘れてしまって、
気づくとまったく減っていなくて、黄色く変色が始まっていて
慌てたりすること、しばしば!!


なので、
なるべく目につくところに置いて

朝、とか夜、のキッチン仕事のついでに、

アタマと腹ワタを取ったいりこと水をナベに入れて、放置する

ってことをするようにしています。


朝から放置していたら晩ごはんには十分だしは出ているので、
そのまま濾して、具材を入れて火にかければOKなので。

この方法だと、
いりこの臭さみたいなものが出なくて、簡単。

消費も早く、新鮮なうちに使いきれます♪





 去年、味噌作りで意気投合した(?)soukichiさんと
2011年仕込みのお味噌交換をしました。


120220_1835~01.jpg
 
 送って頂いたタッパ入りのお味噌は、
 
 ちょっぴりおめかしされて

 送られてきましたよ。


120220_1837~01.jpg 
 soukichiさんのお味噌は
 仕込んだ時に酒粕でフタをするそう。

 こうして
 カビが生えるのを防ぐんですって。

 
 うん、
 ほんのり奈良漬けのような香り♪

  
 お塩は
 ヒマラヤ岩塩・・というこだわり様。


私は大体、
大豆1、米麹1or1.5の割合です。

2011年仕込みは、

大豆は北海道、
麹は兵庫
塩は九州
のものを調達しました。

折角ならすべて近い産地のもので作るのが
お水との相性ともいいだろうなぁ・・・と思うので、
今年は、そうしよう!!と計画したものの、

去年はあまりお味噌を使わなかったために、冷蔵庫の中に結構まだあるんですよね。
むむ・・どうしよ〜かなぁ〜??

グズグズするうちに
寒仕込みの時期を逃してしまいそうです・・・ダハっ



120220_1840~01.jpg

soukichiさんのお味噌もわが家の冷蔵庫に納まって、
これから味比べが楽しみです。

主人が
「えっ?会ったことも無い人とそんなやりとりするん?」って
びっくりしていたのだけれど、

え〜え〜、それが女の「しなやかさ」なのでございますよ。
女性は命を育むために必要な横の繋がりを、
本能的に大切にする習性があるのですから!

荷を解く時の笑顔を思い浮かべながら、
ちょっとした自分好みのオススメの品を忍ばせたりするのも楽しみの一つ♪

お味噌の交換会は、
女性性を楽しむ機会でもあるのです。





 120220_1847~01.jpg

祝蕾 しゅくらい

中国原産、アブラナ科の高菜の一種。
葉のつけ根にできる蕾の形状をした、わき芽(10〜20g)を収穫したもの。




初めて目にするお野菜だったので、買ってみました♪

生で、天ぷらで、炒めてスープで・・
いろいろな食べ方ができそうですね。

ブロッコリーの茎のような甘味と、
ほんの少しの苦みと・・・

春を告げるお野菜、アブラナ科の仲間だってことが
しみじみと分かります。
なんだかエネルギーが、ぎゅ〜っと詰まっている形状ですね!


120220_1910~01.jpg

平茸、ばら干し海苔のペペロンチーノに
祝蕾も入れて炒めてみましたよん♪

すぐに火が通ってしまうので、シャッと!ほんのわずかな時間で。
シャキシャキっと歯ごたえがあった方が楽しいと思います。

今回は
火を通しすぎ、くたっとなってしまって残念でした〜

残りは天ぷらにする予定♪
さくら塩なんかで頂くといいかもね 





頂きものの、晩白柚。
お庭になっているのだそう。

120217_1033~01.jpg
新幹線の物差しは、約20cm、
ものさしがちっちゃく見える〜〜




120217_1039~01.jpg 中の白いワタは、ゆうに2cmはあるわね。

 
 そらまめみたいな、
 
 ふんわりとあたたかなベットです。


 
 
 この部分を使って、
 
 ピールの砂糖漬けが作られるのですね。



120217_1941~01.jpg  すくすく、すくすく・・・

  育って育って、

  こんなんになっちゃいましたぁ〜〜


  私の手のひらは、
  
  結構大きい方なんだけれど、


  手のひらから、はみ出るほど。






色からお察しいただけると思いますが、
実のお味は、
グレープフルーツ系統の風味、苦み&酸味があります。
果汁は少な目なので、
文旦に似た食感と食味・・・と言ったところでしょうか。

私は
このゴリゴリッとした食感と、少ない甘味が気に入りました♪
飽きない感じです。


本州に住んでいた頃には
滅多にお目にかかることもなかった、
ましてや食べることなんて皆無だった晩白柚。
百貨店の冷蔵棚で、
きれいに包まれて飾り物のように鎮座している姿しか知りませんでしたが、

こちらではメジャーな果物を、
こうして初体験できるというのは、
食べることが大好きな私にとって、この上ない幸せです〜

ちなみに、
一度に全部食べるのは、ムリです

 本日のお茶♪

チベットのハーブブレンドティー The Blessing Tea

120208_1653~01.jpg


麦芽、ヱビスグサ、エゾウコギ、サンザシ、サジーの葉、
雪茶、ミカンの皮、タンポポ根、ベニバナ、ヤマイモ、チコリ

香ばしくて素朴な風味に、ホッとします。

チベットに伝わる“癒しの知恵”を届けて下さる、
amanamana さんからのサンプルです。



聞きなれない葉っぱもあります。
サジーの葉は、
3800m以上のヒマラヤ高地などでしか採取できない植物なんですって。

は〜〜っ・・
遠い国からやって来たんですね。

大切に頂こ〜っと♪




 120202_1816~01.jpg

お〜〜っ
磯の香、ぷんぷん♪
海岸のタイドプールで岩場を覗き込んでる感じだぁ〜〜


新ものですって。
わかめなんかも新しいものが並び始めています。

海の中も春なんだなぁ〜

明るくなった日差しが差し込む水の中で、
ゆらゆら気持ちよさそうに新芽の海藻たちが揺れている風景・・
目に浮かんでくるようです。


今日は温かいおうどんに入れようと思います。




 120116_1939~01.jpg


まだまだ寒い時期ですが、
ハウスもののイチゴが出回り始めると、
あぁ・・もうすぐ春なんだなぁ〜と、ちょっぴりウキウキしてきます。

イチゴ大福の楽しみも今からが旬♪ですね。

九州産のイチゴ、「あまおう」は
甘味が強く味が濃厚なので、あんこに負けていません。
イチゴが酸っぱくなり過ぎずに、ちょうど良いバランスでお餅の中に納まっています。絶妙のコンビです。


ちょっと気取った和菓子には、やっぱり緑茶が合うかしらね。
お抹茶も良さそう!


先日、ふりゅうさんで頂いた、
八女産深蒸し緑茶は無農薬栽培。
120130_1839~01.jpg

お茶って、茶葉をそのまま浸出する訳ですから、
なるべく農薬などの、要らない添加物が体に入らないように気を付けたいなぁと思っています。

安心の茶葉が、100g1000円ほど。
良心的な価格で有難いです。





昨日のお茶会で、
番茶のふりゅうさんが目の前で作ってくださった茶粥は、
高知県大豊町で生産されている「碁石茶」とサツマイモを入れて炊いています。

この碁石茶・・・
超マニアックとでも申しましょうか。

後発酵製法と呼ばれる、
茶葉を蒸して重ねて重石をして・・と、お漬物のような行程で作られるのですが、
その間に発酵が進み、酸味のある乳酸菌たっぷりのお茶になるそうです。

http://shop.bancya.com/shopdetail/007000000002/order/
なんだか、
腐葉土とか、めくれた樹皮みたいな風貌です♪


そのまま頂くと酸っぱいんですが、
お米と炊くと、酸味や古漬けのような香りは、ほとんど気になりません。
私はこの酸味は好きかも♡


植物性の乳酸菌がそのまま腸まで取り込めるのですから、
これから花粉症の季節、症状の緩和に一役買ってくれるかもしれませんね

私はヨーグルトを毎日食べるって出来ないので、
(というか、あまり好きではないので時々楽しみで食べるだけで十分)
植物性乳酸菌にはお世話なりたいなって思っています♪









PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

☆moon

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ありがとうございました
    ゆふり
  • ありがとうございました
    桐子
  • ピーチパイン
    ゆふり
  • ピーチパイン
    もみ
  • 和の風景
    ゆふり
  • フェデリーニのサラダ
    ゆふり
  • 和の風景
    soukichi
  • フェデリーニのサラダ
    soukichi
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    ゆふり
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    mayu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM