一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 平日の今日、
主人は休日出勤の代休でお休みなんですって。
私もフリーの日。

夫は朝から晩まで一歩も外に出ずにTVゲームで過ごすので、
私は前から行こうと思っていた温泉に一人で出掛けることにしました〜〜。

出不精な上に興味の合うことが少ないので、
夫とはここ何年も一緒に出掛けることなんてあしましぇ〜〜ん!
結婚してもうすぐ24年の夫婦でございます・・


車で一時間の那珂川温泉 清滝へ。
111115_1042~01.jpg

こちらは
静かな畳座敷があってゆったりできるので。

旅館の立ち寄り湯もいいのだけれど、ゆっくりできないからね。
今日は夕方までまったりと過ごしたいのでした。

峠を越えてのドライブも、今日はとっても穏やかな小春日和で、
お気に入りの曲がラジオから流れてきたら
思わずボリュームをあげたりなんかして。

うきうきモードです。



私の住む久留米は福岡県の南に位置していて、
少し行けば熊本、佐賀県なのです。

今回のドライブは佐賀県を通って目的地まで。


本州で生まれ育ち、九州を全く知らない私は、
佐賀県は特に未知の県なのですが、
久留米市街から河を渡ると、すぐにそこは佐賀県。
とたんに景色が田園風景に変わり、見晴らしがよくなるのです。


峠にある、道の駅から麓の街を見下ろせば、
ほんとうにのどかなのが分かりますね。


吉野ヶ里あたりの風景。



道の駅で珍しいお野菜発見!!

111115_1748~01.jpg

おかわかめって?!

ほうれん草の葉っぱをもっと肉厚にしたような感じ。
葉っぱだけが袋にたっぷりと詰められていました。

レジのおばちゃんに、
茹ですぎると歯ごたえが無くなるから、ほんとにサッとね!と念押しされたので、

熱湯にくぐらせる程度で、ざるに上げて水で〆ました。

半分だけ使って。
軽く絞ってポン酢でいただきました。


うん、ほんとにシャキシャキだぁ〜

おかひじきがシャキシャキ感、小・・だとしたら、
丘わかめはシャキシャキ感、特大!ってイメージ。

とにかく口に広がるしゃきしゃきがすごい。
食べている本人も小気味いいんだけれど、
聞いている方も小気味いい・・・って夫が言ってました。
いいお土産になりました〜。


シャキシャキ咬んでいたらね、どんどん元気になっていく気がしてくるんですよ。

食べて周りの空気も気持ちよくする野菜なんて、素敵です。

茹でている時は、青臭いかなぁ・・と心配していたけれど
まったく問題なし!

残りの半分は
今夜、ペペロンチーノ風にさっと炒めるつもり♪







あっ・・・今日は行ってみたかった幣立神宮に行こう!

秋晴れの空の下、そしてなにか大きなパワーで引っ張られるように、
朝早くそう思いました。



熊本と宮崎の県境まで、ひたすら国道と県道を走ること3時間。

道中、何故か大地の奥深くに向かっているような・・・
でもそれは真っ暗で恐ろしい感じではなくって、

温かでほわっと明るい母胎の中で包まれているような、
そんな安心感がどこからともなく表れてきて、不思議ここちいいドライブでした〜
なにかがある?阿蘇周辺??






幣立神宮

山間にひっそりと佇んでいるのに、お参りの人々が絶えません。
行くまで知らなかったのですが、
こちらは太古からの由緒ある霊地なのですね!

http://japan-web-magazine.com/japanese/kumamoto/japan-kumamoto-heitate-jingu-shrine1-japanese.html













守られている内から外を眺めている・・・そんな不思議な気分。
結界が強いの??





東御手洗の池



湧き出る石清水を頂き、少しの間、手を晒して清めました。


あたりは大きな栃の樹に覆われています。
手の平ほどもある、お〜〜きな葉っぱ。






下には栃の実がゴロゴロと転がっていて。
果皮はイガイガの栗と違って、ころんと可愛いね。
いくつかをそっと拾って帰りました。
つやつやとした実は美味しそうだけれど、アクが強くってそのままじゃ食べられません。
アク抜きした実を使ったトチ餅は素朴な味ですよね。





手を回せないほどの老樹に、しばしお付き合い頂いて
ピッタリと寄り添い、じっと目を閉じました。



幾重にも連なった青い木立は、
深く大きく私を包んでくれて、一人ぽっちじゃないってことを教えてくれている。
下から湧き出るパワーの凄いこと!

この地のエネルギーによって、私たちも生かされているってことが
しみじみと、静かに染み込んでくる...そんな時間でした。









110814_1448~02.jpg
Apifasのmayuたん、なちゅらのもみちゃんと、浪花女子会。

5月に完成した大阪駅をお上りさん状態でウロウロ(*^_^*)
お盆で日曜日と言うこともあって、えらい人、人、です。

帰りは心斎橋筋を少し歩きましたが、

どちらも、ちょっと一息♪ってスペースも無くって、
体の弱い人や年配の方々にとっては厳しい環境でしょうよ、と
最近体力の衰えを感じている私は
何だか心がわさわさと、居心地の悪さを感じるのでした(;_;)

110812_1046~02.jpg 

夏日。

木陰に腰をおろして、目の前に広がる景色とともに深呼吸。

田園を吹き抜けてきた風は、
ムンムンした青い草の香りと綯い交ぜになって、
子どもの頃の夏休みの断片の運んでくるよ。



110812_1048~01.jpg
青シソとカボチャのコラボ。
ワサワサとこんもりとしたエネルギー、今がピークかしらね・・

ツバメたちもこの季節で最後のフライトに忙しく、
セミにキリギリス・・
生きものはみな、今しかできない事を精一杯
誰からも教えられることなく、やりきっている感がある。





110812_1044~02.jpg

強烈な夏空をそっと遮る、緑色にほっとする。
ん・・?
ドラゴン??





110812_1048~02.jpg

屋根もきっとアツアツ。
目玉焼きが焼けるんじゃない?

盛夏。




ワインを頂きに、ふらり列車のプチ旅。

ディーゼルの二両編成ワンマン列車(笑)
10時台は一時間に一本よ
約25分ほどで最寄駅田主丸に到着。

Kyoho Wineryへ。

110615_1405~01.jpg

110615_1101~01.jpg

ブドウの葉っぱと杉玉とお札と。
和と洋のコラボがとっても自然な感じです。



苔の青々した、大きな岩から染み出る湧水の
なんと清らかなこと。
この水を使ってお酒を醸造するのですね。

命の源である水が
また地表に出て旅をし続ける姿を目の当たりにすると、
すべてが水の恩恵を受けて生きているのだと
すんなり納得するのでした。


敷地内の森を歩けば、

今はクチナシの花の香りがほのかに漂い、
発色の良いアジサイたち、
青くてまだちっちゃい柿やすもも、
あっ!鬼グルミがたわわに実ってる!!
110615_1358~01.jpg
収穫はどうするの?・・・気になるなぁ〜。



110615_1403~01.jpg
夏椿。
花びらが清楚で美しい。
朝咲いて夕方にはポトリと落ちてしまうそうですよ。

美しいまま落ちる・・
なんと潔いこと!!

同じころに咲くクチナシは、
枝から落ちることなく茶色く枯れていく花姿で、
満開の頃の匂うような妖艶さとあまりにもかけ離れてしまって、
なんとなく哀れさを醸し出すのだけれど。

花の生き方もいろいろ。
人の生き方に思いを重ね、しみじみしてしまうわ。



こちらではあれこれ試飲できるので、
今回はフルーティーなデザートワインを買いました〜

110616_0823~01.jpg
福岡県産あまおうのワイン。

酸化防止剤無添加、こだわりの一品だそうです。
香りがすばらしくって・・。
イチゴそのままの可愛らしい色と香りが生きています。

ワインは辛口が好きな私が美味しいと感じる、

あっさりとした甘味とピリッとした酸味のバランスが絶妙です。


イチゴ酒を浸けたことがありますが、
なかなか美味しくはできないんですよね〜
プロの技術だわ。


110616_0824~01.jpg
そして
キウイのスパークリングワイン。

こっくりとした甘味のキウイワインもありました。
単純にスパークリングが大好きなのと、
さらりとした後味が気に入ったので、こちらをゲット。



森のレストランでランチとワイン。
森の散策とワインも買って・・。

歩いて30分ほどの駅までの帰りの道のりも、
小鳥のさえずりを聞きながら、田園風景を眺めながら。

途中の無人直売所で、
梅ほどの大きさの杏を二袋買って・・。
200円をチャリン♪

おしゃれなパン屋さんCHEZ SAGARA

で、パンとコーヒー、プリンもチョイスして
3時のおやつ


あぁ〜
なんだか夢のような、非日常の時間を過ごしたかんじ。


福岡市内から電車を乗り継いでやって来た友と、
今度は秋にね♪って約束しちゃったよ。

紅葉とブドウの紫と・・・
美しいだろうな。








 

うすべに色の雲の切れ間から、
下々の世界を見下ろす・・・
天女になった気分よ♪

お寺の境内から階段をさらに百数十段。
教えて頂いた通り、ゆっくり上っていけば、
御陵横の斜面は一面桜景色。
だ〜れも居ない、独り占め♪





竹林。

竹ってこんなにおしゃべりでしたっけ?
風でしなる度にカカ〜ン、チャカカ〜ン(これはウソ・)って乾いた声や
パーンと幹が爆ぜる音なんかがあちらこちらから響いてくる。

ひっそり一人静かに佇んでいたもんだから、
初めはギョッとしたんですけれどね




両手で幹をホールドして、耳を澄ませてみたよ。

うん、
中ある大きな空洞がはっきりと伝わってくる。
外側の薄っぺらい部分を頼りに、
凄い勢いで上へと伸びていくんだもんね〜竹って。

いちいちこだわらない。
とりあえずさっさと体裁を整えて出来る仕事をする。
一つがダメになっても他がある、
蔓延った根っこはグングン新人を排出していけるからね・・・
これは
おしゃべりな竹、私のイメージです。ふふっ



根っこの強さ。
根っこの張り方だって個性があるよね。



ワラビだって、



スミレだって、


野イチゴだ〜って〜〜


みんなみんな(根っこを張って)生きているんだ、
トモダチな〜んだぁ〜〜♪♪





by 影ゆふり with moss
  It's a beautiful day !!!!!















今日は友と大宰府天満宮へ、
古香を愛でる会。

桃の節句でもあるので
女の子のお祝いを自分たちで(笑)。
古香庵さんで松花堂弁当をゆったりとお部屋食。



古香(ここう)とは梅のことなんですってよ。

奈良のころはお花見といえば梅のことでした。
甘くまろみのある花香が楽しめる梅のお花見は、
桜とはまた趣が違う雅がありますね。




おすましさんも、




笑いかけさんも、



キモチイイねぇ〜〜。
Happy??

私もうれしいよ!




青い空に向かって
手を思いっきり広げて、
く〜〜んと伸びをすれば、



どこまでも続く青い空と白梅。
なんと完璧な色合わせ♪
見上げていると、
はるか遠き昔へ
ぐんぐんと誘われて行くような。







甘味処 かさの家さんでほっこり休憩。
お庭の枝垂れ梅を窓越しに眺めるも良し♪






古民家風の落ち着いた空間。
大きな梁や床、アンティークな家具は黒光りして、
柔らかな間接照明とともに
静かで気持ちのいい時間が流れています。

お抹茶と名物「梅ヶ枝餅」をいただきました。


ちょっと大人な女の子二人。

随分と長い距離を飛び続け、
羽根もあちこち傷んではいるけれど、
老親のこと、子たちのこと・・・
もう少しの間、痛みをなだめながら
頑張れる?
頑張ろう、
いや逃げずに頑張りきる、
やりきるしかない!

自分たちの楽しみも満足させつつ、
しっかりと根を張り、
これからもやっていけるはず・・・

体の中心に
確かなエネルギーをチャージできたような、
そして
ちょっぴり、母性の強さを意識できたような、

そんな今年の桃のお節句。








出会いのワクワク&agressiveな気分で
時間を過ごした今週の水曜日。 

福岡市内にある小さな写真屋さんalbus
撮影の相談に伺いました。

もとはといえば
こちらを紹介してくださったのは
チネイザン体験に来て下さった方。

そして今回お話を伺ったフォトディレクターの方は
私が以前8年間過ごした街に
子どもの頃から20代前半までいらっしゃったそうで。
通っていらっしゃった学校の横を、
私もどれだけ通ったことでしょう。
まぁまぁ・・こんな離れた九州でお会いする偶然よ。


写真屋さんの1階はカフェも併設していて、
2階ではカバン作家のcotomonoさんが
個展をされていたのでお邪魔してみました。


見せて頂くだけのつもりだったのですが、
お話するうちにどんどんイメージが膨らんできて、
結局カスタマイズしたオリジナルを作っていただく流れに。
4月から無職なのに・・・。
決して安くはないのに・・・。
え〜い!!
福岡で新しいことを始める第一歩のご縁だっ!記念だっ!と
自分に言い聞かせてお願いしました♪

(4月頃には出来上がり予定よ。
手元に来たらまたご紹介させてくださいね♪)



この日のランチをご一緒したのが、
写真屋さんからすぐご近所で(これまた偶然!)
アロマテラピーなどの認定校を主宰するF華さん。

110223_1148~01.jpg

ちょっと変わったカレーやさんに連れて行ってもらいました。
トマトと牛肉のカレー。
揚げたおっきなカボチャ、ズッキーニや
そのほかの野菜がゴロゴロ。
スパイスのパンチが効いた楽しいカレーでしたよ。



私より少しお姉さんのF華さん。
私の夢を真摯に聞いてくださり、
現実に落とし込むための厳しい視点やアイデアなど、
クルクルと顔の表情を変化させながら
メッセージをたくさん発信してくださいました。

前を向いてアグレッシヴに仕事に向き合うパワーを
持った方とお話しすると、
ほんと〜〜に元気や勇気をもらうなぁって思う。
そして
頂いた言葉はどれも
彼女の純粋な気持ちからのメッセージなんだな・・って
伝わってくるから、ことのほか気持ちいい!!


何かを形にしていくときって、

こうして誰かから誰かへと繋がって、広がって・・・
いろんなシチュエーションで助けてもらいながら
実現していくんだろうなぁって、

かすかな予感めいた喜びがふっと湧いてきました。


僅か半日で
繋がる、つながる人のパワー。
なんだかワクワクしてきました。



街中で見つけた、
昭和ノスタルジーは今も現役!?
110223_1055~01.jpg

明るい午前中に見る姿は
何だか哀愁を帯びているような気がしないでもないけれど、

懸命に生き続けているパワーが
ビンビン伝わってくるよ。

おしゃれな花屋さんなんかが並ぶ道を
ふっと横に入った駐車場で出合ったリヤカー屋台。

この混沌とした感じが
まさに九州なんやね。




金曜の朝、
その日の午前中〜昼の予定がキャンセルに。
今週は突然フリーな時間がやってくることが多かったわぁ♪

で、行ってみたかった久留米市柳坂曽根にある
櫨(はぜ)並木の紅葉を観にドライヴです〜。



黄砂でぼんやりしている山々と紅い櫨の葉。


櫨はウルシ科の落葉小高木で、
江戸時代には
果実から木蝋(ロウ)採取する資源作物として、
米と共に久留米藩の主要産物だったそう。

心材で染める「櫨染め」も、落ち着いた和の黄色が素敵です。





稲刈りの終わった田園風景の広がる、穏やかで小春日和な時間。

日向の匂いと干し草の匂いが
幼い頃にどこかで嗅いだ記憶を刺激しているのでしょうか、
思わず遠い目でぼ〜〜んやり。

ひだまりの中をそぞろ歩きです♪

櫨の実の茶色と柿の橙色や・・・


からすうりの目の覚めるような橙色や・・・


木の葉の陰にひっそりと赤い実たち・・・。


少しずつニュアンスの違う紅やオレンジ色に出合う時間は、
お腹のあたりをほわっと暖かくしてくれたみたい。

さてさて・・
お腹が空いてきたので、なにか食べて帰ることにしましょう♪




偶然見つけたお蕎麦屋さんへ。
趣のある玄関です〜。

こちらで天せいろをいただきました〜。

打ち立て、コシのある美味しい蕎麦でしたが
つけ出汁、その他もろもろ総合して感じるのは、
お蕎麦は関東のほうがおいしい!というのが私の印象でございます。





お昼ごはんのうどん玉を買いに自転車でスーパーへ。

ぽかぽかとあんまり気持ちいいので
空を見上げたら
はっとする赤に出会ったよ。





カメラを持ち合わせていなかったので、
かしわうどんを食べた後、そそくさともう一度会いに出かけました♪





公園の楓。




まるで油絵のような景色。

光の陰影が
いっそう雰囲気を醸し出しています。







PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

☆moon

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ありがとうございました
    ゆふり
  • ありがとうございました
    桐子
  • ピーチパイン
    ゆふり
  • ピーチパイン
    もみ
  • 和の風景
    ゆふり
  • フェデリーニのサラダ
    ゆふり
  • 和の風景
    soukichi
  • フェデリーニのサラダ
    soukichi
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    ゆふり
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    mayu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM