一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アトラスシダー
Cedrus atlantica  

http://www.ponnitai.com/database/cedrus/atlantica.shtml


大震災後、
底知れぬ大きな不安に襲われた時に、
初めにふと思い浮かんだ精油がアトラスシダーでした。
効果効能とか、そんな知識が空っぽの頭と体が
直感で選んだ精油のひとつです。


北アフリカ、アトラス山脈の1000mほどの高地に育つ、
マツ科 常緑高木のシダー。
ずっしりと安定したものに守られ、ほっとしたい本能から
チョイスしたのでしょうか?
それともパワーアップしたかったから?

調べてみると・・・・

シダーウッドは
古代から豊かさ、精神力の強さのシンボルだったよう。

陰陽五行で見るとき、
腎気の強壮をはかる特性があると言われています。

私たちの中にあるモチベーションやパワーの源、セクシャリティー(生命力。「精」とも表現されています)が蓄えられている場所が腎と見るならば、
シダーウッドは
生きようとする勇気を強め、
意識をしっかりと安定して
自分自身を支える忍耐力をもたらすお手伝いをしてくれるのかもしれません。

優れたものを残そうとする本能の意志みたいなものを
がんがん活性化していく。
そして逆境を受け入れながらも、それを生きるための知恵とパワーへと変容させていく。

腎(水)の気のポジティヴな感情、
「慎重で感受性が鋭く、絶えず用心深くいられる」状態とは、
セクシャリティーを守るための、
冷静なコンディショニングなのかなと思ったりします。


アトラスシダーのキーワードは
「力」 「忍耐力」 「確信」


木精占いによると、

同じマツ科 常緑高木の仲間、
モミの木精のメッセージは・・
『倒れても蘇る、再生の力を信じよ』

マツ
の木精のメッセージ・・
『力強く進め。炎のように熱く紅く』


マツ科の仲間たちからは
私たちの中に眠っている勇気を引き上げてもらっているのかもね。

閉塞を突き破って上へ!そして下へ!流れていけ!
そんなメッセージかしらね。






 よく晴れた
月が満ちていく日の昼を選んで、
庭の梅の花を少し摘みました。


お花の採取には満月が最適なのだそうですが、
満月まで待っていたら
お花が散ってしまいそうなので・・・。

花びらや雄しべが
しゃんと勢いよく咲いているものを
慎重に選んで。
そっと優しく傷つけないように、
ふわりと枝から離します。

お花のエネルギーを少し分けてくださいね・・と
お願いしながら。

見上げて摘む作業は
上から甘い梅の香がほんのり舞い降りて、
包み込まれて幸せ気分が湧きあがってきます。





110308_1032~01.jpg

35%のホワイトリカーに浸けました。
お花のエッセンスがどんな風に出てくれるのか楽しみ♪

花酒で頂くなんて、雅だわ。

化粧水にもどうかしらん・・って思ったり。


110308_0932~01.jpg

去年リモンチェッロを作った時に残った、
96%のウォッカにも浸けてみました。


果皮のエッセンスを浸出させるには
とっても向いているのだけれど、
花の微妙な香りとなると上手くいかないかもしれません。

そういえば去年ジャスミンやレモンの花を
このウォッカで浸出したけれど、あの素敵な香りが
うまく移ってくれていなくてガッカリしたのを、
トポトポとウォッカを注いでから、気が付いたのでした。

とほほ・・
学習してないわね、私。。。


花の精油成分を抽出するというのは
本当に難しい。
梅の花の香り成分は
抽出する際の溶剤によって変化してしまうので、
花そのものの香りを再現するのは
技術的にも無理だと以前読んだ本に書いてありましたっけ。

さて、
どんな感じで変化していくのかな・・。
ちょっと観察してみよう。
どんなお味の花酒になるのかしらね。
(やっぱり、そっち?!)







チネイザンセッションでご縁を頂いたmocoさんが
教えてくださったアロマペンダントがとっても素敵だったので、
私もネットで注文してみました。

 「天使の小瓶」作者NaomiさんのHPはこちら 


mocoさんはデザインや中に入れる精油ブレンドを
セッションで一緒に決められたそう(楽しそうですよね〜♪)ですが、
私は今回は定番の中からペンダントのみを購入しました。


110127_0945~01.jpg

ローズクォーツのお花が前面に・・・
六角形のボトルは0.5mlサイズです。
銀色金具のところにある、ぽちっと小さな穴から
香りが広がる仕組みですよ。


あれこれ、どれにしよう?と、香りのブレンド遊びがまた楽しくって!
いくつかの精油ブレンドのうち、花精油はジャスミンをチョイス。

最近はチャンパカやジャスミンなどの、
まったりと妖艶な香りに魅かれます。
ちょっとセクスィ〜さを欲しているのかしらね・・ふふっ♪


自分の中の男性性・女性性のバランスも、
時間の流れとともにダイナミックに変わっていくのでしょう。

香りの好みの変化も関わっているのかしらん?
な〜んて想いを広げてみれば、
自分の変化をより美味しく味わえそうですよね。





 12/4のアロマセミナーin福岡、とっても盛況でしたよ。

主催したアロマ環境協会の方々ともお話をする機会がありましたが、
会員の方はもちろん、たくさんの一般の方々がご来場くださり、
良い実績ができ、とても好感触のイベントとなったようです。
これから地方でもアロマテラピーを楽しむこんな機会が
広がっていきそうな気配です。



101204_1309~01.jpg

ドライラベンダーの花を使った水蒸気蒸留で
精油を抽出しているところ♪

向こうのテーブル席ではアロマスプレーやバスフィズを作る方々。
楽しそう〜
4回開かれたミニセミナーも45人定員、すべて満席でした〜



会場では
佐賀県産レモングラスのハーブティーの試飲&販売も。
佐賀県武雄市が産業の一つとして力を入れていらっしゃるようで、
市の担当の方々が何人も熱くレモングラスについて語ってくださいました。

101205_0757~01.jpg


飲んでみると、ドライレモングラスなのにあれっ?って思いました。

ハーブティーでいただくとドライは畳のような香りがして、
レモングラスはやっぱりフレッシュがいいわ・・と思っていたのですが、
その畳臭(?)がせずにフレッシュを飲んでいるかのよう。

入れ方にコツがあるようで、
一度熱湯を入れてすぐに捨て、もう一度熱湯を入れて5分間抽出するそう。
なるほど〜〜
こんなコツもさることながら、なんといってもドライハーブが新鮮で
グリーン色がもう!生き生きとしていて!!
それも美味しさの秘密ね・・と思います。
農薬、化学肥料を一切使わずに育てられたレモングラス。
安心して、その伸び伸びとしたチカラを頂けそうです。

ネットでも注文できます。
他に武雄産の緑茶や紅茶とブレンドしたものもあるわよ。




は〜っ・・
やっぱり香りっていいな。
香る空気を吸っていると、知らないうちに心がふわっとなって、
わくわく、うきうき、優しい気持ちになっているのに気が付いたりします。

百貨店の高級化粧品フロアに漂うあの香りではなく、
まさに植物の香りになごむ・・ってかんじです。


そんな優しく穏やかな香りに満たされたイベント空間。
来年も開催されるなら、ぜひお出かけなさってね。


P.S
個人的には
会員用有料セミナー「よくわかる!生理解剖学講座」で
生☆野見山文宏さんを拝見できたのが嬉しい〜〜

東洋医学、タオなど幅広い視点で心とカラダを見ていく視点で、
触れる人、触れられる人、お互いの「respectする気持ち」を持ったうえでの関係性が大切なんですよ〜ってお話は、
愛があふれていて、とっても心に染み渡ったのでした〜。




九州にお住まいの方への情報です♪

(社)日本アロマ環境協会が主催する、
アロマセミナーで無料イベントが開催されます !

クラフト体験・・バスボムやアロマスプレー作り
ハンドトリートメント体験
親子体験コーナー・・好きな香りで、香りのプレート作り
ミニセミナー・・
「アロマテラピー入門セミナー」
13:00〜13:45/15:00〜15:45
 **重曹と精油を使ったクレンザーを作ります

「かんたんセルフケア紹介」
14:00〜14:45/16:00〜16:45
 **ホホバオイルと精油でトリートメント・オイルを作ります


事前申し込み不要ですので、
ふらっといらっしゃってもOK!!

お近くの方はぜひ。
香りのある世界を体感して、ほっこりとなさってみてね。

私も当日はスタッフとして参加します〜♪


2010年12月4日(土)
会場:福岡ファッションビル7階展示場
    (JR博多駅より徒歩5分)
時間:10:30〜17:00




 101102_0827~01.jpg
うるおいジェル♪を作りました。


無香料の透明なジェルベースに
*月桃
*ジャスミン
*乳香
*コリアンダー
の精油を入れてクルクルとしっかり混ぜ合わせれば、出来上がり!

白っぽい香るジェルに変身です。


空気の乾燥する季節は、
お湯で洗い物をする機会が増えて、さらにお肌を乾燥させてしまいがち。

たっぷりと水分補給をしてあげてから
油分を補うのが基本でしたね。

これをせずにクリームなどの油分ばかりを塗っても
皮膚はカチカチになるばかりです。

体の外から内から
水分を補ってあげること。

忘れないようにしようと思います。


ココロもカラダもふっくらと・・・が気持ちいい。










午前〜昼の予定がキャンセルになったので、
本日夕方までフリータイム〜♪
作ろうと思って伸び伸びになっていたハンドクリームを作りました。

101101_1116~02.jpg
紫根のハンドクリーム

うすべに色にうっとりですぅ〜。

あかぎれ・ガサガサさんのためのケア、
・スパイクナード
・カモミール・ジャーマン
・ゼラニウム・ブルボン
・ローズウッド
4種類の精油と、紫根のブレンドにしてみましたよ。

さて、使いごこちはどうかしらね?楽しみ。


本日2回目のブログ更新です〜


ふっと湧いてきたフリーな時間。

ぼんやりとする中で浮かんでくる想いを味わったり、
形のあるものを作り上げる満足感だったり。

なんだか豊かな時間の過ごし方だわ・・と、にんまり♪





火傷、凍傷、湿疹、水泡疹 などの皮膚トラブルに薬理作用があるとされる、
漢方薬の紫根。

そんな紫根と石けんならば相性抜群なんじゃないかしらん?
それに赤紫色がとっても綺麗だし・・・。

なんて想いから紫根を取り寄せて、
紫根石けんに初挑戦です。



きれい色を取り出すにはどうする??からスタートです。

初めに水から煎じてみましたが、黒っぽいニオイのある水溶液で、
なんでもTVでシミなどに効果のある化粧水として紹介されたそう。
でも、これを単独で使うには、クセのある香りで抵抗のある方が多いかもな〜〜。
ドブ色・・いえ、鈍色(にびいろ)の煎じ水、ペットボトルで冷蔵庫保存してます。

小ボトルに取り分けて、
ゼラニウム・サンダルウッド・ベルガモット(フロクマリン・フリー)の精油をプラスして
化粧水を作ってみたら、さほどクセは気にならなくなりました。
それでも・・
香りにはノートがありますから、ある時ふっと紫根の香り(ニオイ!)がふんわりと(笑)。
香りに敏感でストライクゾーンの広くない方は気になるかも・・です。
この化粧水、つけた時に皮膚が温かく感じるんですよ。
たぶん、末梢の血管が開いて血流が良くなり、毛細血管にまで血液が集まっている状態?と思っているのですが。
今、使用感を観察中。とりあえず温感はそれほど刺激にはなっていないようです。

水溶性漢方薬効成分がたっぷりと溶け出し、
それに精油の成分がプラスされるのですから
慎重になっています。
漢方薬剤師ではありませんから、自己責任のもと安全に使用できるものを手作り・・が原則です。




そうそう・・きれい色のことでしたね。
紫の色素は油分に溶け出、水溶性ではありませんでした。

石けんに使う植物オイルに紫根を入れて少し加熱すると、
みるみるうちに美しい紅色へ〜。うっとりですぅ♪

紫がかった紅色はとても雅な雰囲気を醸し出し、
遠い昔には高貴な方々しか身に着けることができなかった色だったわね・・
なんて、少し厳かな気持ちになってみたり。

石けんを作るために入れる苛性ソーダは強アルカリ性なので、
色素が変化することが多く、紫根色素もどう変化していくか、ドキドキ見守りました。
型入れ後半日経った状態の石けんがこちら。

101006_1253~01.jpg

青紫・・藤色の出で立ちね。

期待していた紅色とはまた違った趣になりました。






 100914_1010~01.jpg

久々の石けん作りなんですよ!

作り置きもすっかりと無くなっていたのですが、
引っ越しやらでバタバタしていましたから、ずっと作れずにいました。

「my石けんノート」を見てみると、なんと9か月ぶり!
(作った石けんの日付、レシピ、感想なんかを記録しているのよ♪)

妹にも洗顔石鹸、早く作って!とせかされていたので。
シークレイの入った石けんは好評で、
特に洗顔で、くすみが取れるのか肌色が明るくなって、
しっとりするという感想が多いんですよ。

今回は、
シークレイとピンククレイを混ぜて。小豆色で和の雰囲気でしょ。
白いプツプツは、今回初めて入れてみた「本葛」。
塊がそのまま残ったみたいです。

日本酒も入っているので、思いっきり和石けんですね〜(笑

葛や日本酒を入れると、
ふくふくとした泡立ちになる・・と聞いたことがあるので、
どんな感じに仕上がるのか、とっても楽しみです。



最近はシャワーでさっと汗を流すばかりなので、
ぬるめのお湯を張ってゆったりと浸かってみました。

高温多湿の今の気候にピッタリな、
インド産・チャンパカ(マグノリア)とサンダルウッドをブレンドで数滴・・・。

同じ様な気候で生育している植物の生きるエネルギーが
存分に発揮されて、暑さで凹みがちな体に寄り添い、
引っ張り上げてくれているようです。

お湯から上がった後も、サンダルウッドの残り香がほんのりと♪
う〜ん・・雅な気分ですぅ〜。


最近は半身浴ではなく、もっぱら全身浴よりちょい少なめ量のお湯に浸かっています。
首、肩も温めてあげたいし、何よりも膝が出てしまうので。。
膝って結構冷えているし、エネルギーのポイントでもあるので
しなやかに動いてほしい!って思いから、膝もしっかりと浸かるようにしているんですよ。
心臓が圧迫されてしんどくなってきたら、
姿勢をたてなおして、胸がお湯から出るよう調整して♪

こんなふうなアロマバスタイムなのよん。






PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

☆moon

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ありがとうございました
    ゆふり
  • ありがとうございました
    桐子
  • ピーチパイン
    ゆふり
  • ピーチパイン
    もみ
  • 和の風景
    ゆふり
  • フェデリーニのサラダ
    ゆふり
  • 和の風景
    soukichi
  • フェデリーニのサラダ
    soukichi
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    ゆふり
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    mayu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM