一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 111220_0908~01.jpg

今あると嬉しいもの、
そして
これから使っていくと楽しいだろうなって思えるもの。

そんなものたちを
太陽暦の節目のこの時期に
自分へ贈り物をしようと思いました。


リネンエプロン2枚とワイヤーバスケット。


何年も使っていたfogのリネンエプロンは
何度も洗いざらしていい感じも通り越して、
いよいよ布地までもが薄くなってきて、
そろそろお暇をあげる頃になっていたので。

ほんとに良い品質なので、またfogさんのものを選びました。




新品のリネンエプロンはパリッとよそ行きの雰囲気で、
気分も新たにキッチンに立てそう♪


さあ、
この新しいエプロンで、まずは年末年始の慌ただしい台所しごと。
そして
これからまた始まる新しい年月の流れのなかで、
このエプロンで過ごす時間が心地良いものとなってくれますように・・

そんな想いで
エプロンのひもを前できゅっと結びました。





 111219_1417~01.jpg

ヒマラヤ岩塩。

このサーモンピンク色、大好きです。
なんだか、安心するんですよねぇ・・・。

お部屋の浄化をしていただこ〜っと♪





チラシをデザイナーの高山さんにお手伝いしていただくことになったので、
彼行きつけのカフェにて打ち合わせランチ。
高山さんは先週のワークショップでご一緒した、広告デザイナーさん。


福岡のお店情報に疎い私には、強力な助っ人登場です。
何せ、タウン誌のお仕事もされていましたからね〜


お伺いしたカフェ・とねりこさんは
素敵な空間とオーガニックの心のこもったお食事を出して下さって、
お店の方々のおもてなしがまた素晴らしい♪

お店情報はまた次回♪


以前から買おうと思っていた書道の筆、
お店をこれまた高山さんに教えてもらってゲット。

111202_1716~01.jpg


半紙と筆だけのつもりが、
きゅうりの文鎮に、「惚れてまうやろぉ〜〜!」と出会い、

そういえば、文鎮、無かったやんか!!、ということでお買い上げです。
目の前に現れてくれてありがとう〜〜


こうしてまた、
人の繋がりが、楽しいことへと結びつけてくれる・・・・。

そしてそんな積み重ねが、
仕事や暮らしの充実感へと繋がっていくのでしょうね。






 街の写真屋さんAlbusさんで、
saorinさんのワークショップ、
「プレゼント型アコーディオンブック作り」に参加しました。

写真をミニブックやいろんな紙素材を使った写真集、アクリル板を重ねてコラージュ風・・
いろんな残し方を提案なさっている作家さんです♪

111127_1634~01.jpg

こんな感じで奮闘中。

台紙の色選び、表紙やリボンの模様選び・・
楽しいったらありゃしない!


両面テープを貼って、はがして・・をひたすら続けます。
約3時間、完成間近です。
111127_1654~01.jpg


今回はポラロイド風に現像しています。
12枚の写真を貼っていますよ。



完成〜!!シックな雰囲気です。
111127_1700~01.jpg



皆さんの作品♪
111127_1709~02.jpg

みんな違ってみんないい・・・

相田みつをさんっぽくしみじみ見とれてしまいます。


みんなの写真を広げると、こんな感じ。
圧巻ですっ!
111127_1717~01.jpg

参加されている方は、
みなさんカメラを仕事に、そして身近なところでいつも身に付けていらっしゃって、「好き♪」が伝わってきます。

ずぶの素人は私だけだったんですけど、
プチプチ弾けるような素敵センスに触れられて、良い時間だったぁ。

横でご一緒した男性は広告デザイナーの方。
丁度お聞きしたい分野のお話ができて、ますますウキウキ。
帰りはテンション高かったです。

やっぱり、
何をするにも
人の繋がりの楽しさ・・なんですよね・・・・と、しみじみ。






 111125_1502~01.jpg

高校生の頃に使っていた化石化した英語の辞書を
なにかちょっと調べる時に使っていました。

ボロボロに破れているし、なにより言葉は生きものだから
新しいのを欲しいなぁと、もう何年も考えていたんですけどね。

買うならやっぱり紙の辞書よね・・と思っていたのですが、
ここへきて思わぬ事態に気づきました。
老眼!!!!

びっちりと細かい字が詰まっているのを目で追うのは、
もう・・無理みたいです・・・。ぐすん。。。

それに指先が乾いていて、さらさらとページがめくれないのも
使い勝手が悪くって(これは若いころから・笑)。

何年か越しにやって来たnew face、
なかなか使い心地も良いです〜〜。
字も大きいし、発音チェックもできるし。




分からない単語があって辞書を引く度に、
じつはず〜っと、打ちのめされて気が滅入っていたんですよ。

「あ〜〜、こんな単語も忘れてるのかぁ」って。

調べる度に、「忘れているダメな自分」を意識してしまって、
辞書を引くことが全然楽しく無くなっていました。


でもこの前
村上春樹さんのエッセイ「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」を読んで、

な〜んだ。
翻訳のお仕事をされている村上さんだって
忘れている単語がいっぱいあるのか〜〜って、分かった途端に、

自分の中のちっぽけな劣等感は、するすると流れて行ったのでした。

それ以来、辞書を引くのが楽しくって♪

ネガティブな感情って、
案外あっさりと去って行ってくれたりするものなんですね。
弱いものからさっさと流していきましょ。



まぁ・・いっか。
自然とそんな風に肩の力をふっと抜いて読んでいました。
このエッセイ。





友人のmocoさん宅のレッスン室で
曼荼羅パステルの手ほどきをして頂きました♪

作業途中、近くにある古民家の和食処「ゆめ野」さんで
野菜のランチを食べて一息・・


111028_1324~01.jpg



そして続きを描いて・・・

こんなん できましたぁ〜〜
111028_2136~01.jpg

ハートにふつふつと湧きあがる、
赤い喜び、情熱、楽しさ・・・

そんなイメージで。



色を選んで使うって
奥深く眠っている「何か」を表現しているようで、

没頭・・解放・・

そんな過程のなかで、

自分の中が描く前と変化しているのを感じます。

とっても気持ちいい〜〜


もっと、もっと。

色を触りたいなぁ。









 セレブになってゴージャスな暮らしがしたいのではなく、
自分や周りの人たちが幸せを感じる生活を送るためのお金が
自然と巡って来てくれるよう、
お金に好かれたいなぁと思っています。


以前伺った、まさみちさんのお話会でお金の哲学について触れていて、
とっても心に残りました。
お金に好かれるためには・・・

自分がまずお金を好きになる ということだそうです。

相手のことが大好きになる

相手をもっと知りたくなる

というのは自然な流れ。


*お金について知ろうとする時は、その使い方を見ていくと良い

*何が「自分が大事に思うもの」なのか?をしっかりと感じて、
お金をそういうものに変えて行くということが大切


これを2年くらいやっていけば、お金は倍増するよ〜〜
なんて、ニコニコしながらゆるりと仰るのでした。

そして
*自分が見る一万円札を作って、毎日眺めるといいよ〜〜とも。


ある人は
一万円札を額に入れていたら、パートナーに使いこまれたらしくって!
ま、額に入れるのも良いんですけれど、
私はいつもお側で視線を交わしたいので、携帯の待ち受けに・・うふっ


110930_0752~01.jpg

諭吉さま、
携帯を開くたびに、どきりとしてしまいますわ!


あなたが私の手から離れる時は、
また戻ってきてくださいね・・とLoveの余韻を残しながら。

本当に心ときめいて大切だと思える、幸せを得るために
あなたを一度手放します!

心の中ではBGM by松村和子

♪かえってこいよ〜

かえってこいよ〜〜

かえって〜こ〜〜いよぉ〜〜〜〜〜♪ 


*****************************************


 アロマの会を開きますよ〜@久留米

 
アロマ手づくりの会 ぷるぷるリップグロスを作ろう♪

10月20日(木)・29日(土)
13:00〜15:00


お申し込みはこちら。
cozy-yurori@hotmail.co.jp




******************************************

昨夜の十五夜お月様





その周りを
うねうねとまるで生きものがうごめき、まとわりついているよう

 





暗闇の向こうには、
ほんのりと温かな光があるんだよ

・・そう言ってくれているみたい。






110817_0752~01.jpg
実家の台所で今も現役で働くスプーン。

昭和の元気な頃の喫茶店ではクリームソーダとかコーヒーフロートとか、
今では死語?なネーミングのメニューが多々ありました〜
大阪では冷たいコーヒーのことを「冷コー(れいこー)」と言ってましたっけ。

○○フロートと言えば、
背の高いグラスに注がれた飲み物の上にポッコリとバニラアイス、
そしてこのロングスプーンが差してあるスタイルが一般的でしたー(*^_^*)


子どもの耳には「ドンブ・スプーン」って聞こえていた、この長いスプーンは
少し深さのある瓶の中にあるものをすくうのにも、ちょうどいい長さ♪

機能性と懐かしい思い出とを併せ持ったものって、
愛着を持って長く使えて息づかいさえも聞こえてくるようです。




cotomono カバン作家、素子さんと。

お願いしていたオーダーメイドのバックの、受け取り記念にパチリ♪
街の写真屋Albusさんにて。

この数週間後、彼女は自身の個展のために弘前へ。

そして
Albusの酒井さんからはメールでのご案内が届きました。
展覧会のために茨城は水戸にいらっしゃるとのこと。
http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=120


人と人との出会いや繋がりの中で、
それぞれの想いをカタチにされるアーティストの彼女たちの姿は、

蓮の葉っぱに転がる水玉のように
きらきらしていて爽やかで、
それでいて女性らしい、どっしりとしたチカラ強さも感じられ・・・

フットワークの軽い、エネルギッシュなオーラを
いっぱい頂いた気がします。


私も負けていられないわ♪

自分らしさを発揮できるフィールドで輝く姿は、
周りの人々をどんどん巻き込んでいくよね。




PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

☆moon

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ありがとうございました
    ゆふり
  • ありがとうございました
    桐子
  • ピーチパイン
    ゆふり
  • ピーチパイン
    もみ
  • 和の風景
    ゆふり
  • フェデリーニのサラダ
    ゆふり
  • 和の風景
    soukichi
  • フェデリーニのサラダ
    soukichi
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    ゆふり
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    mayu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM