<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Natural Cleaning | main | Berryたちからのメッセージ >>
〈隔たり〉は増幅するばかり
 大震災からまだわずか3か月なのに、
この温度差はなんなのだろう?


哲学者・大阪大総長の鷲田清一氏は

隔たりはなくなるどころか、いっそう大きくなるばかりだ。被災地のなかでも、被災地とその外とのあいだでも。

今復興を外から語る声は、濁流の中でおぼれかけている人に橋の上からかける声のように響く。詩人の和合亮一さんがある対談の中で、「自分は川の中で一緒におぼれないと何も言えない」というジャーナリストの声を引き、それこそ「想像力」であり、「川で一緒におぼれるのが詩なんです」と語っていた。濁流に入れなくても、濁流に入り込む想像力はもちうる。その想像力を鍛えておくことが、いまは必要だ。

と6/11付朝日新聞のオピニオンに寄稿されていた。



震災から3か月、
被災された方々は今、「心の幻滅期」だそうだ。


【被災者がたどる心理的経過】

茫然自失期
災害直後に茫然自失となる

ハネムーン期
被災者同士が強い連帯感で結ばれ、お互い助け合う

幻滅期
復旧に入る頃、我慢が限界に達し不満が噴き出す。やり場のない怒りにかられ、トラブルも起こりやすい

再建期
被災地に日常が戻り、フラッシュバックが起きても徐々に回復。しかし精神的支えを失った人には、ストレスの多い生活が続く



日常を
突然に剥ぎ取られた状態から、
今を生きる自分がその意味を問いながら
自分自身の生の物語を紡ぎ直す作業は
なんと過酷なことだろう。


それは誰もが本来直面する、
生きることに関する問いかけなのだと思います。
3.11で私たちの深い所では
大きな変化が起こっていること・・・

それは価値観の変化だったり
死生観だったり感性の変化だったり、

その人それぞれで、
見つめ続けていくことが
とっても大切ではないか・・と思っているのです。









スポンサーサイト
COMMENT