<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あめふり | main | 〈隔たり〉は増幅するばかり >>
Natural Cleaning

わが家のNatural Cleaningについて、
前回の記事からの流れで補足をさせてくださいませ〜

 

血液や油・脂汚れは酸性の汚れなので、
アルカリ性の重曹セスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダで対処します。

汚れは中和させて落とす が基本の考え方です。


アルカリ3種の使い勝手などの違いはこちらを参考になさってね。
http://www.live-science.com/honkan/partner/hikaku.html


うちでは
重曹とセスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)、クエン酸を常備しています。

セスキ炭酸は、水500mlに小さじ1を溶かしてスプレー容器に。
レンジまわりの油ハネやキッチンの床掃除で大活躍よ。
冷蔵庫の扉の手あかにも気軽にシュッとできて重宝しています。
あと、
服に付いた食べこぼしとか、はねたソースにもシュシュッとな♪


皮脂汚れのヒドイ洗濯物には、
小さじ数杯適当に洗剤と一緒に入れて洗濯機へ。
布ナプキンの浸け置きにも小さじ一杯ほど。



6/8付ブログに書いた洗面器と風呂椅子のこびりつきは、
重曹の研磨作用を利用したものです。

重曹を少量の水でペースト状にして擦ればいいんですが、
なんとなく皮脂汚れのまとわりつきも気になっていたので、
重曹大さじ1くらいをぱらっと出して
セスキ炭酸スプレーをシュッシュしながら
ペーストになった重曹をまぶしながら擦る・・という作業でした。
(足りなくなったら又、足してちょうだいね)
仕上げに
クエン酸スプレー(水200mlに小さじ1の割合でつくってね)で
中和すると完璧でしょう。
今回は、しなかったけれど


おしっこや水あか、
タバコ、魚の生臭さや野菜のアクなどは
アルカリ性の汚れですからクエン酸の活躍ですね。

子がちっちゃい時は
トイレがアンモニア臭で酷かったので、
クエン酸スプレーにはお世話になりました。
(しかしながら、
兄ちゃんは立っておしっこすると、便器の外に流れることがよくあり、
母にうるさく言われたので、座っておしっこをするようになり
これも兄ちゃんのトラウマか?
ひぃぃぃ〜〜〜〜
最近では座ってする男性は増えているそうですが・・・)



そうそう。
クエン酸は
塩素系洗浄、漂白剤と混ざると有害な塩素ガスが出て危険! 



 しっかりと洗剤の表示を確認して、
絶対に一緒に使わないようにしてくださいね。 




スポンサーサイト
COMMENT