<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 暮らしの中の瞑想 | main | 再会で涙、そして食べる。 >>
音の波

吉本ばななさんの日記を拝見していたら、
ジェイムス・テイラー&キャロル・キングのライブに行ったことが書かれていた。

あ〜〜
そのライヴ、冬にラジオで宣伝されていた時から行きたい!って思っていたんよねぇ。
今となっては、チケット買わなくてヨカッタ。
九州引越しで泣く泣く行けなくなるところだったものね〜。



キャロルキングも大好きなアーティストの一人だけれど、
ジェイムステイラーの歌声には、なんなのだろう・・・、
ぐ〜んと引き寄せられてしまいます。

声の周波数がここちよく耳に馴染むのかなぁ〜?
語りかけるような「間」がゆとりを生み出すのでしょうか、
ゆったりと包み込まれる感覚は
ほっこりと安心感でいっぱいで、なんとも心地よいのです。

そういえば手元に彼の歌声が一つも無かった。
とりあえずはi-Tunesで買ってみよう。



FMラジオ、よく聞くのですが。

東京のJ−Waveなんぞ、新しい曲がバンバン流れるし、ゲストも多彩、視聴者プレゼントだって「えっ?そんな豪華なものを?」と、びっくらするものが惜しげもなく。
そんな東京は、やはり人、モノ、金、情報が集中しているのをヒシヒシと感じたのは、
地方のFMでは、ラジオショッピングがハンパなく多いこと!
そして、なんと古い曲(とくに80’sかなぁ)の流れる割合の多いこと!
厳しい台所事情が伝わってきます。

でもFMでの曲の流れ方も、
ネットの普及と共に偏りは均されていく方向に向かっていくんだろうな・・
そもそもAM、FMって何の略?





スポンサーサイト
COMMENT