スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今朝の、とほほ。

 昨晩の残りの味噌汁一杯分、
娘っこが起きる時間に合わせて火を入れようと弱火にかけました。

そうそう・・。
洗濯物も出来上がっているから干さなきゃね・・。

キッチンから隣のリビングに移って、洗濯物干しに母、集中。


起きてきた娘っこ、
「味噌汁、もう飲まれへんよ。
パチパチいってたから、火、消したよ」って。


あっちゃ〜〜・・。
やっちまったなあ。

とほほでごじゃります。



こういうことが、どんどん多くなっていくのが、
「歳を重ねる」ってことなのねん。
きっとね、「気を付けよう」って思ってもね、ダメなのよ。
忘れてしまうものなんじゃないかなぁって思うんですよ。
その人が忘れっぽい・・とかじゃなくってね。

だから
高齢者の独り暮らしっていうのは、本当に危険な場面が
あちこちに散らばっているんだろうな・・って思い至ります。


昔の大家族がやっぱりいい・・ってことじゃなくってね。
いろんな煩わしさや大変さはもうイヤ!!ってことで、
今のような核家族化を私たちは選んで変化させてきたんだし。

それでも、
人の数だけ、それぞれの「見守り」があるといいなぁ。


そんな安心感をもって高齢を生きれたらいいなぁって思います。











スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply