<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 梅雨明け。梅の土用干しを始めなきゃ♪ | main | 新しい梅干しザルで >>
娘っこの三者面談で感じたこと。

夏休みに入り、娘っこの高校の三者面談がありました。

へ〜〜
まだ入学して半年なのに、もう三者で?
公立なのに熱心なこと・・。
長男の行ってた神奈川県立高校で、面談なんてあったかな〜??
行った覚えがないよ。

廊下に面した窓からは、
池、その向こうにこんもりと木々の茂る林が見えて、
もうそこは鳥たちのパラダイス♪
様々な鳥たちの美しいさえずりが絶え間なく聞こえてきて、
面談を待っている間の心地いい事ったらありゃしない♪
木々を通って渡ってくる風は、ほんのりと涼しげで、
都会のヒートアイランドにありがちな、あの目眩のしそうな息苦しさとは無縁です。


15分の面談では、
夏休みの学習計画の立て方、いかに家庭での自習が学習レベルのアップにつながるか、
先生は矢継ぎ早に一生懸命に話されていました。

公立なのに、ほんと頭の下がる思いです。


しかしながら、
娘っこは斜に構え、明らかにふてくされている様子。

彼女がこの学校を選んだ理由は、
大学受験のための勉強を強制される学校ではないからというものだったのですが、
今年度入学から方針が変わったようで、
風紀の指導、受験のための指導を精力的に行っているのが、
ストレスフルで、どうも面白くないようなのでした。


そんな話題も最後にお話すると、
一直線に前のめりに頑張っておられる先生の表情は、
なんとも困惑し悲しげで、可哀想なほどでした。

いろんな生徒がいるから対応も大変だけど、
ま、アクセルも踏みっぱなしだとね。
先生、病気にならんといてね。


今22歳になった兄ちゃんは、今も混迷状態で方向も定まらず・・・
親も子も、もやもやから抜け出せずに模索中なのです。
ほんま・・・しんどいです・・。

彼は
大学くらいは行っておいた方が・・とかいう親の空気を素直に読んで「フリ」をし、
結果も残せず自信の無さだけが増幅してしまった経緯があるので、
そんな経験から私が得たのは
ヒトやモノゴトを眺める際、価値観の広がりがいかに必要か・・って
ことです。


感情や価値観の幅があまりにも狭いと、とっても苦しい。

それを相手に強要すると害を及ぼしてしまう。

苦しんで、人に害を及ぼして、
そんな風にして生きるのが人間なんですねぇ。


こんな風に只今脳内を整理中で、
日々起こる出来事を、少し離れて見ています。















スポンサーサイト
COMMENT