一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 1970年以来42年ぶり、
国内の原発50基すべての発電が停止しました。

原発で利権をむさぼる人々が知らせたくない真実を
知らないで来た私たちだったけれど、

朝日新聞、編集委員の本日付朝刊の言葉を借りるなら、

単なる批判ではなく
節電への協力などの責任と負担を伴う
判断をすること


が、待ったなしで迫ってきたということなのでしょう。


なるべく均衡に判断するためには、正確な真実を知らなければいけない。
その真実といわれている事実が本当なのかまず疑うことも大切。
知らされないままにされていることを、なるべく多くの媒体から得て、
原発への判断素材にしていく・・。

こんなスタンスが私たちには必要だと思います。

マツコ・デラックスと池田清彦氏の対談集「マツ☆キヨ」の中で
池田氏が話していた「もんじゅ」のことも、そんな一つでしょう。

ちょっと長くなるけれど抜粋しました。



核燃料処理というのは、たぶん高レベル放射能廃棄物をガラス固化体にして地下に埋める話のことだろうね。ガラス固化体ひとつで広島型の原爆の約30個ぶんくらいの放射能がある。原発を動かしていれば高レベル放射性廃棄物はどんどん溜まっていくから、それをなんとか処理しなければならないわけで、そのための場所を国や電力会社は一生懸命に探していた。ドラム缶に詰めてセメントで固めて青森の六ヶ所村につんであるのは低レベル放射性廃棄物だけれど、高レベル放射性廃棄物であるガラス固化体は熱も出るから何十年もそれを冷却しつづけなければいけないし、いまのところ置いておく場所もない。

・・・・

ガラス固化体をあまり作らないようにするためにやるのが核燃料サイクルで、それはつまり、使用済み核燃料を再処理してプルトニウムや燃え残ったウランを取り出し、再び核燃料として使おうというシステムね。使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムとウランを混ぜてつくる燃料がいわゆるMOX燃料で、それを使う高速増殖炉の原型炉が「もんじゅ」。でも「もんじゅ」は1995年にナトリウム漏れ事故を起こしてからトラブル続きで、今も運転停止の状態にある。つまり核燃料サイクルが全然うまくいかないから、高レベル放射性廃棄物がただひたすら貯まるんだよ。2020年にはガラス固化体が4万本になるといわれている。どうしようもないから地下深くに埋めてしまおうという話なんだけれど、日本みたいに地震がある国の地下にうめて、大きな地殻変動がおきて、そのガラス固化体ごと壊れたらどうする気なんだろうね?

・・・

いま運転を休止している「もんじゅ」も、実はずっと危ない状態のまま。2010年8/26に三トン以上もある炉内中継装置を原子炉容器の中に落っことしてしまって、引き抜けないまま、にっちもさっちもいかなくなっていた。2011年6/24に引き抜く作業がやっと完了したが、再稼働するのは無理だろうね。復旧の担当課長は今年になって自殺しちゃったよ。
・・・
維持費だけで1日に五千五百万円もかかっているんだけどな。このままただひたすら何十年もかけて冷却されるのをまって、廃炉にしていくしかないと思うよ。「もんじゅ」にはこれまで二兆四千億円くらいの金がかかっているんだけどね。




旧態依然のまま、なし崩しに再稼働への道というのは、
日本を破滅させてしまう危険性があまりにも大きいと危惧しています。












  • -
  • 13:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

☆moon

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ありがとうございました
    ゆふり
  • ありがとうございました
    桐子
  • ピーチパイン
    ゆふり
  • ピーチパイン
    もみ
  • 和の風景
    ゆふり
  • フェデリーニのサラダ
    ゆふり
  • 和の風景
    soukichi
  • フェデリーニのサラダ
    soukichi
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    ゆふり
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    mayu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM