スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ふと気づくこと

「 朝起きて、隣に寝ている赤ちゃんを見ると、向こうもうっすらと目を覚ます。そして、私の顔を見て、にっこりと笑う。いちばん初めの顔が笑顔だということは、一日のはじまりを何の疑いもなく受け入れているということだろうと思う。
何てすごいことだろう!と私は毎日感動し、そして、自分がすっかり忘れてしまった何かに驚く。いつかおぼえていないほど遠い昔、私にとっても朝は楽しいことのはじまり、ちいさな死からの再生だったに違いない。」



この世のどんなことも、
いつかなくなり、
どんなに行きたくても
行けないところになってしまう。
だから、この生涯に
思い出をいっぱい集めていきたい。


「人生の旅をゆく」
よしもとばなな






読んだ本の中の一文だったり、
会話の中のさりげない一言だったり・・・
日々のなかで
ふと気づくことは
ほんの小さな「点」で、
すぐに流れて消え去っていく。

小さな点であってもそれが連なっていけば線になり、
私の意識に上って来てくれそうな気がするので
そんな「点」たちを忘れないよう書き留めることも悪くないなって思います。



きっとその時の自分を助けてくれる「点」を、
私たちは集めているような気がします。
今の自分が生きやすくなるように。





スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply