一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

* どんな時でも知識や情報より想像力の方が大切です。

想像力とは、知識や情報など、あらゆるものを生かすチカラです。



*やりたいことだけではなく、自分は決してやらないことはなんでしょう。

それも大切なことの一つです。


暮らしの手帖57号 暮らしのヒント集より




出会った言の葉を

自分に問いかけてみる、
自分に言い聞かせてみる。


そんな
ほんのわずかな行為を

時間の流れの中に滑り込ませる。





*会えなくても、大好きな人のことを忘れてはいけません。

その人はいつも心の中であなたをはげましてくれる人なのです。



*コミュニケーションとは気持ちのキャッチボールです。

だからこそ相手の受け取りやすいボールを投げてあげましょう。


暮らしの手帖 50号より



何気なく
古い雑誌のページをめくっていると出会った言葉たち。



ふと心に留まるというのは、
きっと今、自分が大切にしたいな・・と心に秘めているコトだからなんだろうな。

書き留めて、
時々は眺めていようと思います。



ピンクネコヤナギと
小指ほどのちっちゃな花を咲かせている桜

春はもうそこまで。





市民の意見30の会・東京発行の「市民の意見 NO.130 2012/2/1」


 http://www.nionoumi.net/gz/zi_liao/entori/2012/2/2_hidashuntaro.html

 バランス感覚というのは5対5では身動きがとれないのです、安定しすぎて。
私たち日本人がもっているバランス感覚は、3対7とか4対6とかであり、
不安定な中に自分なりの安定を見つけ出す美学なんですね。
だれも特に意識はしていないけれど、左右対称じゃつまらないという感性を日本人は秘めています。
・・そのバランスは一人ひとり違って当たり前だと思います。(談)



朝日求人コラム
仕事力
「素の自分が分かれば、折れない」
〜コシノジュンコが語る仕事  より



5対5のシンメトリーのすっきりとした安定感も好き。

3:7、4:6の美しさとか面白さとかも、しみじみと見とれてしまう。


良いトコをサッと取り入れて、またオリジナルを作っていく・・

そんな器用さが日本人なんだなぁ〜って思う。


うちの家系を少し遡っても、みんな日本人だから、
私は日本人色の色眼鏡で見ているんだろうな・・って思う。


昔から受け継がれてきた日本らしさ。
少し忘れているトコロもあるけれど、
再認識しながら、もっと好きになりたいなって思う。

結構根っこの部分だって気がするので。

コシノジュンコさんのコラムのタイトル、

素の自分が分かれば、折れない


く〜〜っ!浸みてきます。






「Q健康って?」の中でセラピスト安田隆さんのことを、
ばななさんはこんな風に記している。
 
安田さんはときどき
「このときにしかこのことを言っても意味がない、
しかし今一回だけ言われたらそれは魂に届き、人を変える」
というタイミングで、ちょっとしたことを言うのだが、
これはまさに音楽そして武道にたけた人のあり方である。


 



あぁ・・
そんな風にさらりと言の葉を投げかけることができたら
どんなに素敵なことだろう。

私も目指したいなぁって思う。








 昨日のお昼に何気にTVのスイッチを入れたら、
蜷川実花さんがお話しされていて。
そのまま、くい〜〜っと見入ってしまいました。


初めてお顔を拝見しました。
作品は存じ上げていたけれど・・。
カラフルな作品たちですよね⇒ 


映像の監督を経験された話で、

今まではそうじゃないって思っていたことも、
あぁ・・私って本当はこんな風に考えているんだな・・とか、
自分の中から湧き出てくる感情とか・・

そんなものを味わいながら、
本来の自分を感じる時間が新鮮だったとおっしゃっていましたわ。


その言葉の後ろには、
人は自分自身と向き合いながら生きていくのが人生・・・てニュアンスが
感じられて、
クリエイティヴな方って言うのは、
やっぱりそのあたりの事は若くてもしっかりと向き合っているよなぁ〜と
しみじみしてしまったのでした。

そして自分の中の女性性の柔らかさなんかも
ちゃ〜んと認めてあげて、いい塩梅に周りに発信しながら
仕事を円滑に進めていってる姿も、
いいなぁ〜〜と、またしみじみ・・・。



自分が素敵だな・・って思える人の姿やパワーを、

静かに目を閉じて
自分のハートに柔らかな光となって
ふんわりと入っていくイメージをしたなら、

なんだか自分も素敵な人の仲間入りが出来そうな気分になります♪





ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティスの講師、
クリスティン・プライス の言葉より。


 祭壇は、
自分が得ている「自分を生かしてくれるものたち」を思い出すための、ツールだ
 



あらためてこんな風に文字で表現されると、
あぁ・・そうだなって思います。


お位牌や故人の写真、像、神棚など・・・
そんなものが無くたって、石でもなんでもお祀りすれば
そこはもうりっぱな祭壇ですものね。


「向き合う場」の重要性を無意識に私たちは脳裏に焼き付けているし、
体に刻み込んでいるんだろうなぁ。

だから
心静かに思いを馳せ、
いろんな想いを浄化しバランスをとって生きていくのでしょうね。



自分本位な考え方の流れの中にいると、気づかないけれど、
他人からの何気ない一言や一文でハッとさせられることって多い。
クリスティンの言葉をシェアしてくれた仲間に感謝♪





 

 

「 朝起きて、隣に寝ている赤ちゃんを見ると、向こうもうっすらと目を覚ます。そして、私の顔を見て、にっこりと笑う。いちばん初めの顔が笑顔だということは、一日のはじまりを何の疑いもなく受け入れているということだろうと思う。
何てすごいことだろう!と私は毎日感動し、そして、自分がすっかり忘れてしまった何かに驚く。いつかおぼえていないほど遠い昔、私にとっても朝は楽しいことのはじまり、ちいさな死からの再生だったに違いない。」



この世のどんなことも、
いつかなくなり、
どんなに行きたくても
行けないところになってしまう。
だから、この生涯に
思い出をいっぱい集めていきたい。


「人生の旅をゆく」
よしもとばなな






読んだ本の中の一文だったり、
会話の中のさりげない一言だったり・・・
日々のなかで
ふと気づくことは
ほんの小さな「点」で、
すぐに流れて消え去っていく。

小さな点であってもそれが連なっていけば線になり、
私の意識に上って来てくれそうな気がするので
そんな「点」たちを忘れないよう書き留めることも悪くないなって思います。



きっとその時の自分を助けてくれる「点」を、
私たちは集めているような気がします。
今の自分が生きやすくなるように。





人がいつまでも恋愛にあこがれるのは、

ときめく恋のためだけじゃなくって、

小さいときのあったかい気持ちをもう一回味わいたいっていうのもあるんだなあ。

自分がこの世でいちばん好きな人から、

無条件に愛され与えられるぬくもりを求めているんだ、そう思った。

お母さんであるってものすごいことだし、

人間っていつまでも切ないんだな。


『すぐそのこのたからもの』 よしもとばなな



そんな切なさを抱き続けながら、お母さんでいるって
大変な精神修行なんだろうなって思います。

そんな切なさは時にねじれ、凝り固まり、ブロックをかけられ、
一筋縄ではいかないけれど、
あるタイミングで気づくこと、そして手放していくこと
この連続で人生が送れたら素敵です。

「私のおかあさん」もそうなんだろうな。
彼女の穏やかで平和な表情を思い浮かべながら、
満たされた想いでいっぱいになるよう祈りたいです。

私も「おかあさん」だから
そんな切なさを感じてあげながら、優しく包んであげたいです。


誰の中にもある切なさを
時々自分自身が見つめてあげるということを、
私たちの内面は渇望してるんじゃないかな・・
なんて感じます。


 


♪あめが あめが ふっている

聞いてごらんよ 音がする

ぴちぴち ぱしゃぱしゃ 音がする

ほーら お池にふっている

金魚はどうしているかしら♪



この曲は、なんてタイトルだったかしらん?
雨の降り続く此のころに、ふと思い浮かぶ童謡です。


うちの子たちが、まだ小さい頃。
おうちのなかで雨音を聴きながら唄いましたっけ。

ふよふよした髪、
まあるいほっぺ、
プヨプヨした手足・・・
全身全霊で愛くるしさをアピールする赤ちゃん。


あなたは
どんなお仕事をするために
この世に来たの?

深く考えることもなく、
私が育てる!と傲慢な母でした。




今朝、
書棚から何気に取った一冊に
挟んであったメモ書き・・・。


「子どもは、あなたの子どもではない。
あなたの弓によって生きた矢として放たれる。
弓をひくあなたの手にこそ、喜びあれ。」


カール・ギブラン『預言者』


「子どもは明日の家に住んでいるので、
あなたはそれを訪ねることも夢みることもできない。
ただ、その弓をひくあなたの手に喜びあれ。」


毛利子来(たねき) 『あかちゃんのいる暮らし』


今また
私の目の前に現れた言の葉は、
なにを教えてくれているのかな・・・。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

☆moon

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ありがとうございました
    ゆふり
  • ありがとうございました
    桐子
  • ピーチパイン
    ゆふり
  • ピーチパイン
    もみ
  • 和の風景
    ゆふり
  • フェデリーニのサラダ
    ゆふり
  • 和の風景
    soukichi
  • フェデリーニのサラダ
    soukichi
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    ゆふり
  • 九州生活3年目が始まりました♪
    mayu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM